肌の構造

 

誰もが気になるのがお肌の老化現象です。肌のたるみ、シワやシミがあると、年齡が若くとも老けて見られてしまいます。特に女性はいつまでも美しい姿でいたいものです。 肌とはどのような構造で作られているのでしょうか。ケアのためにも、まずは構造を知りましょう。


肌は表皮・真皮・皮下組織の3層で構成されています。

表皮

肌の一番表面の部分の事を表皮といいます。顔の表皮は2ミリ程の厚さをしており、約28日でターンオーバーをします。約65%の水分を含み、外部の刺激を神経に伝えます。刺激が強すぎるとアレルギー反応を起こして肌を守ろうとします。


表皮の細胞が代謝によって死んだものを角質層といいます。角質層のすぐ下に生きている表皮細胞があります。角質層は死んだ細胞ですが、肌内部の水分を保つバリアーの役割を担っています。 表皮の一番下にある基底層は紫外線に反応してメラニン色素を作り出す役割を持っています。


真皮

表皮の下にある真皮は、一層構造でできています。真皮細胞を構成しているのはゼリー状のコラーゲンやヒアルロン酸です。美容液などでよくコラーゲンやヒアルロン酸が配合されているのは、真皮を構築している要素であるためです。


コラーゲンはゴムの様に強い弾力を持っており、肌にハリを与える役割を持っています。コラーゲンが加齢によって減少すると、肌の弾力がなくなりシワやたるみの原因となってしまいます。 ヒアルロン酸は水分を含む力が強く、真皮にヒアルロン酸が豊富にあるとみずみずしい肌となります。


皮下組織

真皮の下にあるのが皮下組織です。皮下組織には内部の体温を外に逃さいなようにする役割や、衝撃を和らげるクッションの役割があります。皮下脂肪というのはこの組織内に付いた脂肪のことです。体温を温存する断熱材のような役割をしているため、ホッキョクグマやアザラシなどの極寒地域にいる動物はとても皮下脂肪が厚いです。



エステサロンでは肌の構造をきちんと理解したエステティシャンによる施術を受けることが出来ます。 また、ご自分ではできないスキンケアも行うことができるので、定期的にスペシャルケアを行ってはいかがでしょうか。


宮崎県にて口コミなどで評判の良いおすすめのサロンをお探しの方でしたら、延岡市にあります、エステティックサロンハートにおまかせください。 たるみ解消、若返り、自然治癒力を高めたいなどアンチエイジングや自然美容法に興味を持つ女性の方におすすめのエステサロンです。 お得なお値段でエステが体験できるモニター募集のキャンペーンも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。



新規会員募集中!

 会員様限定、お得な情報満載!

予約した、その日から使えるクーポン搭載♪

先ずは、QRコードにアクセスして下さい💖

新規ご登録お待ち申し上げます